ウィーアイクラブ

今流行っているものや面白いものをひたすら紹介しています。

`FlyingPigeon1` ドローンをよりもっと楽しく遊べる操作方法 (中級編)

time 2017/10/04

`FlyingPigeon1` ドローンをよりもっと楽しく遊べる操作方法 (中級編)

【専用コントローラーからスマートフォンでの操作】

スマホ

ドローンの操作に慣れて来たら今度はスマートフォンで操作してみましょう。
FlyingPigeon1の長所は色々ありますが、その中でも専用コントローラーとスマートフォンでも操作できるということです。
専用コントローラーとはまた違うスマートフォンでの操作方法に楽しめることができます。
慣れてきた専用コントローラーではなくスマートフォンの操作になるとやはり難しいですね。
スマートフォンだからレバーではなく、タッチ画面での操作になりますしね。
普段、スマートフォンに慣れている私でさえドローンを飛ばすのはちょっと苦労しました。
(私個人的に画面をタッチする際には、時々指紋が認識されなくて2度、3度タッチをした苦い思いがあるので・・・)
何故、苦労をしたかというとスマートフォンでは画面のどこに操作レバーがあるのかを見ないといけないし、ドローンの飛び方も確認しないといけないので、目と指が忙しい感じでした。
でも、皆さんはもうスマートフォンに慣れている方は何回繰り返すうちにすぐコツをつかむのではないでしょうか。
また、タブレットでも操作できるのでもっと大きい画面で楽しめると思います。
(あっ!でもずっと画面ばかり見るのはしないようにしましょう!前を見ずに画面のみ見ていると危ないのでご注意ください!)

【中級者向けの遊び方 (専用コントローラーの操作方法)】

コントローラー

①左レバーの下にあるロールを左右に動かしたら、ドローンの本体の左右の調整をすることができます。
(ロールを動かす時は左右真逆の方向に動くのでご注意ください。)
②右レバーの下にあるロールを左右に動かしたら、ドローンの本体が横側の調整をします。
(ロールを動かす時は真逆の方向に動くのでご注意ください。)
③左と右レバーの間にあるロールを上下に動かしたら、ドローンの本体が前後の調整をすることができます。
(ロールを動かす時は前後真逆なのでご注意ください。)
④右側の上に360℃のボタンを押し、専用コントローラーのレバーを動かすとドローン本体が前後左右にターンをするのでダイナミックな撮影を楽しめます。

ドローン本体の調整の操作方法に慣れればもうあなたは以前とは違って、もっとドローンの魅力にはまり、もっと素敵な撮影ができることでしょう。
ただ撮影だけではなく、ゲーム感覚も楽しめるのではないでしょうか。

【ドローンで思い出作り】

天気のいい日に広い公園でドローンを飛ばしてみたり、旅行に行った時に飛ばしてみたらいいのではないでしょうか。
実際、私の知り合いの経験談ですが、旅行に行ってドローンを飛ばして写真を撮ったり、動画を撮ったりした際、現地の人々や旅行客に話かけてもらったりして外国人の友達もできたし、
結婚までゴールしてすごく忘れない良い思い出になりましたと話しました。
皆さんもこの機会にドローンをただ特殊な撮影を撮るために使うものではなく趣味として色々思いがけてみてはどうでしょうか。

思い出